日本初上陸委員会

Menu

ロサンゼルスLos Angeles

世界の絶品グルメを発掘し、
日本のみなさんにご紹介します。

今LAで人気沸騰!フォトジェニックなたいやき風アイス「SOMISOMI」

2019/09/12

SOMISOMI

8
今ロサンゼルスで、”たい焼き風”のアイスクリームが、大人気なんです!!
ロサンゼルスに本店をもつ「SOMISOMI」は、2016年10月のオープン後、またたくまに人気となり、現在はカリフォルニア・ハワイ・テキサスに19店舗を展開。そして2019年度末までには、カナダを含む北米に、25店舗以上が展開予定と、まさに今人気爆発中のお店。
「SOMISOMI」のアイコン的商品は、2つあります。
魚の形をした、たい焼き風のカップにアイスクリームをつめた《Ah-Boong》と、
日本でおなじみの《TAIYAKI》(たいやき)です。
「アメリカでたい焼きが食べれるの?!」と驚いて、食べてみたのが、こちらの《TAIYAKI》。
「SOMISOMI」のたい焼きは、中身の味の選択肢がえらべるのが面白い!
定番のレッドビーン(あずき)味はもちろん、ヌテラ、カスタード、チェダー、タロ、レッドビーン&クリームチーズなどからえらべます。
厚みがあって、しっとりもちもちのたい焼きは、中身がしっかり入っているから、小ぶりなサイズでも、満足感あり!何個でも食べたくなるおいしさです。
とくにおすすめは、ヌテラ味のたい焼きです。
ヌテラとは、アメリカで人気のチョコレートスプレッドのこと。チョコの甘みと、もちもちのたい焼きは相性バツグン。あずき味になじみのないアメリカ人も、これなら一緒に楽しめること間違いなし!
そして、
フォトジェニックなアイスとして人気なのは、こちらのたいやき風アイス《Ah-Boong》。
日本のたい焼きにインスパイアされたという、Ah-Boongは、韓国語で”アイスクリームの魚のカップ”を意味するそうです。
「SOMISOMI」の魚のカップの生地は、たい焼きよりも、薄くてクリスピー。たい焼きとワッフルコーンのサクサク&もちもちをいいとこ取り。
たいやき風アイス《Ah-Boong》の注文は、毎回列ができるほど人気です。
注文方法は、まず、魚のカップの上にのせるアイスクリームを選びます。
アイスクリームのフレーバーは、店舗にもよりますが、
ミルク、抹茶、ウベ、黒ごま、オレオ、イチゴ、チョコレート、ミルクティーなどがあります。
さらに2つのフレーバーをブレンドすることも可能。
一番人気は、ウベ(ヤムイモ)と黒ゴマをハーフ&ハーフでブレンドしたものだそうです。
▲魚のカップはその場で焼かれた作りたてが提供される
次に、たい焼きの中身を選びます。
たい焼きの中身は、
ヌテラ、カスタード、タロ、レッドビーン(あずき)から選べます。
そして、仕上げにトッピングを選びます。
メインのトッピングは、マカロンやフルーツなどから1つ選択(店舗により異なる)できます。
そして、スプリンクルなどのトッピングは、かけ放題!
アメリカンでカラフルなトッピングは見た目にも楽しくてあざやか。
「SOMISOMI」のたいやき風アイス《Ah-Boong》は、
フードインスタグラマーにはたまらない、見た目の鮮やかさもピカイチだけど、味もとってもおいしい。
やわらかでクリーミーなアイスと、ほのかにあたたかいたい焼き風のコラボは、
冷た〜い+暖か〜い+外パリっ+中もちもち〜が、一度に楽しめるので、やみつきになってしまう美味しさです。
特に、冷たいアイスからはじめて、ちょうどいい温度でトロッとしているたい焼きエリアにさしかかるところはたまりません。
アイスクリームの提供方法は、紙のカップにアイスをいれて、魚カップを上にのせる方法と、魚のカップを下にして、上にアイスをのせる方法と2パターンありますが、このアイスの冷たさと、たい焼きの中間部分をよりたのしむなら、「魚のカップが下にくる」入れ方がおすすめですよ。
たい焼きカップの熱で解けないうちに、ぺろっといただいてくださいね!
アメリカのモール内などに展開中になので、見つけたらぜひチェックしてみてください。

Writer

和ごころLA

和ごころLA

アメリカ生活ブログ 【リブアメ】 の運営者、和ごころLAです。
ロサンゼルス在住歴7年。
飲食店を紹介する雑誌社に就職し、食べ歩いたお店は300件以上。
コーヒー・カリフォルニアワイン・シーフード・スウィーツなど、現地ならではの美味しいものが大好き。
現在は国際結婚し、0歳児の子育て中。
子供と一緒に、家族でたのしめるお店を探索中です!

Pickup