日本初上陸委員会

Menu

シンガポールSingapore

世界の絶品グルメを発掘し、
日本のみなさんにご紹介します。

在住日本人もはまる激辛料理

2020/01/23

XIN PAI MA LA XIANG GUO

0

今回ご紹介するのはシンガポールでここ数年で爆発的に大人気となった大衆中国料理です。

少し前までは食べられるところが少なかったのに、いまやどこのショッピングモールのフードコートにも必ず1店舗はこの料理を出すストールがあるといっても過言ではないほど。

 

そんな私も多分に洩れずこれにはまりました。

初めて食べた時のその衝撃と言ったら!

 

激辛料理の代名詞にもなったその料理は

 

麻辣香鍋

マーラーシャングオ

 

です。

 

今回オススメするのは、シンガポール1のオフィス街であるRafflesPlaceにある巨大屋外フードコート「LauPaSatラオパサ」にありまして、こちらは夜はサテーを提供する屋台も道路に並ぶことから、シンガポールのガイドブックには必ず載っているところでもあります。

旅行客の方でも朝から晩までにぎわっていますよ。

ラオパサ、天井は高く、半屋外ですがファンがついているので風通しがあり暑すぎません。

 

麻辣香鍋を提供するお店はラオパサの南側にあります。

こんな冷蔵のショーケースから好きな具を自分で選ぶ。

すぐ横にお皿とトングがあるのでそちらをどうぞ。

1人前であれば3~5種程度、2人まであればその倍ぐらいが適量でしょうか。

お会計は選んだ具材の重さで決められます。

個人的なオススメは、豚バラにモツ。

そこにキノコや湯葉といった大豆の加工品あたり。

もちろんお野菜も。白菜や茄子といったあたりは定番ですが間違いありません。

 

シャキシャキレンコンも美味しいですよー。

海藻や魚介もあり。

とにかく種類豊富なのでお好きな具を選んでください。

そうしましたらレジにいる店員さんに渡しましょう。

ここでお値段が伝えられるので、お好みでライスをつけて。

ご飯と食べるの最高です。

それと最も肝心なのが辛さレベル!

中国語で聞かれることが多いですが

小辣 Less Spicy

中辣 Medium

大辣 Very Spicy

な感じで伝えれば大丈夫です。

 

辛さが苦手な方はLessSpicyで。得意な方でも大辣は相当辛いのでMedium程度がおすすめです。

 

奥のキッチンに持ち込まれ、待つこと数分。

 

できました!!!

花椒や山椒にチリが効いた麻辣香鍋。

お野菜もたっぷりいただけて、スパイスがとにかく食欲を刺激する。

ご飯がとにかく進みます。

麻婆豆腐好きな方は確実にはまります。

 

メニューには21.90ドルの表示がありますがこれはあくまでも目安。

今回私がオーダーしたもので16ドルほどでした。(1400円ぐらい)

これは大人二人でシェアしても十分なほど。

 

とにかくこの麻辣ブームは止むこと知らずで、大手ファーストフードチェーン店がこの麻辣味のチキンを出したり、スーパーでも家庭で作れるこの麻辣キットも売っていたり。

カップラーメンやポテトチップスにまでこの麻辣味あります。

 

シンガポールで大流行のこちらの料理、イチオシです。

 

 

Writer

anzu

anzu

シンガポール在住10年。
現地の夫と結婚し、1男2女のママとして育児に奮闘中。
人種のるつぼであるこの国では中国料理のみならずマレーやインド系の食べ物も豊富。
超ローカルな場所にも足を運ばせ美味しいものを開拓するのが大好きです。
こちらに来て好きになった食べ物は蛙のお粥とドリアン!
Ameba公式の「ダーリンはパイロットinSingapore」のブロガー。

Pickup