日本初上陸委員会

Menu

台湾Taiwan

世界の絶品グルメを発掘し、
日本のみなさんにご紹介します。

中はモチモチ、外はサクサクの絶品朝ごはん「蛋餅(ダンピン)」

2019/08/13

軟食力 Soft Power

19

多い日には200個売れる人気の「蛋餅(ダンピン)」

台湾の朝ごはんの定番「蛋餅(ダンピン)」。ネギを加えたクレープ状の生地に、卵や好きな具材を挟み、お好みでソースを付けていただきます。

速さや安さが重視される台湾の朝ごはん屋さんでよく見かけるメニューですが、実はそのほとんどが既成の冷凍されたシートを鉄板で焼いただけのもの。シートも工場で機械で作られています。
実は、私も、ペラペラでふにゃふにゃした生地が「蛋餅(ダンピン)」だと思い込んでいました。

そんな台北で2017年8月、3人の若い男女がオープンしたこちらでいただけるのは、生地やソースから手作りにこだわった蛋餅。
宜蘭で台湾の昔ながらの蛋餅を提供している「力丸傳統早餐」というお店で修行したそうです。初めて食べた時は、その生地の美味しさに衝撃でした。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」

生地やソースまで、手作りにこだわり

美味しさの秘訣が知りたくて特別に厨房に入らせていただくと、厨房の中は、鉄板の熱気でムンムン!
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」

注文が入ってから一枚一枚丁寧に焼き上げてくれます。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
オープン以来、生地に使われる小麦は香りの良い小麦の芯の部分だけを、ネギは宜蘭のこだわりの品種をセレクトして使用。

一般的には片面しか焼かないお店が多いそうですが、こちらは両面ちょうど良い焦げ目が付くまでしっかり焼きます。これで香りも食感も良くなるのだそう。

ソース「甜辣醬」も、味噌をブレンドした自家製で絶品。クセになる味わいです。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
メニューによって入れる具材も変わります。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
この日はこの7月から登場した新メニュー「花椒麻辣香腸蛋餅(80元)」をいただきました。プラス65元すると、サイドメニューひとつと30元相当のドリンクをセットにできます(他の飲み物も差額で注文可能)。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
モチモチふわふわの生地に、麻辣の辛さと、ピリッとした山椒の香りとアクセントが後を引くソーセージが挟んであります。
冷凍していない新鮮なソーセージは手作りで、オーナーが業者と作り上げたオリジナルのもの。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
球状になった可愛らしいサツマイモのドーナツ「地瓜球」は、セットのサイドメニューから選べます。紫芋の中には小豆あんが、黄色のサツマイモの中にはタロイモあんが入っています。

毎朝豆から手作りしている豆漿(台湾の豆乳)とともにいただけば、栄養満点の朝ごはん!
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
台湾の昔ながらのインテリアを現代風にアレンジされたおしゃれな店内。
軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」

軟食力 Soft Power「蛋餅(ダンピン)」
台北101も徒歩圏内なので、朝ごはんを食べ終えたら腹ごなしにお散歩するのもおすすめです。

Shop Information

住所 / 台北市信義區嘉興街216巷12號 休み / 7:00〜14:00 無休 1人 / 「花椒麻辣香腸蛋餅(80元)」を+65元でサイドメニューとドリンクが付いたセットに。

Writer

近藤弥生子

近藤弥生子

1980年福岡生まれ。
2011年より台湾台北在住。
日・中コンテンツ制作を行う草月藤編集有限公司を主宰。
ライター、編集としても活動中。雑誌『&premium』でコラム「台北の朝ごはん」を連載中。
台湾の食文化の奥深さに驚かれる日々。 プライベートでは二児の母。
台湾での出産・育児、シングルマザー・再婚経験や台湾での生活を綴ったブログ
「心跳台灣」を運営。

Pickup